大学生はプログラミングで稼げる?稼ぐ方法や知っておくべきことを詳しく解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • 大学生でもプログラミングで稼げるって本当?
  • 大学生がプログラミングで稼ぐなんて夢。結局稼げないのでは?
  • プログラミングはバイト代わりのお小遣い稼ぎになるって本当?

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに、大学生がプログラミングで稼ぎたいと考えたときに抑えておくべきポイントや方法などをお伝えします。

大学生はプログラミングで稼げる?

コンピューター

プログラミングで‘稼ぎたいと考えたときに気になるのは「本当に稼げるのか?」ということですよね。

結論から言うと、大学生でもプログラミングで稼ぐことは十分可能です。

稼げるチャンスは十分ある

2019年の経済産業省の報告によると、2030年に日本のIT人材は最大約79万人不足する可能性があります。

人材の需要が高いビジネス領域では、人件費が高騰して給料が上がる可能性が高いです。

人の少ないIT業界では、大学生であってもプログラミングという手段で稼げる可能性は大いにあると言えるでしょう。

大学生がプログラミングで稼げないと言われている理由

悲しむ女性

プログラミングで稼ぐことを考え、色々とリサーチすると「稼げない」という情報も耳に入ることでしょう。

稼げないとされる理由は、努力不足ややり方が間違っていることが少なくありませんが、その理由を詳しく見ていきましょう。

稼ぐ前に挫折してしまうから

プログラミングの勉強を途中で辞めてしまったり、案件を獲得する前に諦めてしまうパターンです。

プログラミングで稼げるようになるには、勉強を始めて早くて数ヶ月、1年かかることも珍しくありません。

プログラミングに限らず、全ての分野において、簡単に稼げる仕事はありません。

稼げるようになるまでに、多くの学習や努力が必要です。

稼げるまでとにかく学習を継続しましょう。

営業力がないから

一定以上学習し、スキルを見つけても、そのスキルを必要としている人に知ってもらうことが重要です。

自分のスキルを売り込み、お金を払ってスキルを買ってもらわなければ、お金稼ぎには繋がりません。

プログラミングを学習した後の具体的な稼ぐ方法もイメージしておくといいでしょう。

クラウドソーソングを活用する、自分でWEBやアプリなどのサービスを作るなど、方法はたくさんあります。

正しい手順を知らないから

やみくもに学習したり、スキルが不十分な状態で売り込みをかけても、稼げるようにはなりません。

プログラミングで稼ぐ方法はアルバイトで稼ぐ方法や自分でアプリを作る方法など多岐にわたります。

また、「やりたいこと稼ぐ手段」によって必要となるプログラミング言語は異なることがあります。

学習の方向性が誤っていると、努力が無駄になりかねません。

自分が稼ぎたい方法ややりたいことを定めて、具体的な道筋を立てましょう。

大学生がプログラミングで稼ぐメリット

笑顔の女性

プログラミングで稼げるようになることのメリットはたくさんあります。

中でも、大学生にとっては、次の2つが大きいかもしれません。

就活の際の実績になる

プログラミングで稼ぎ、ビジネスを体感していることは就活の際、強い武器になります。

特にIT業界への就職を考えている場合、プログラミングで稼いだ経験は即戦力になると考えてもらえるでしょう。

学生のうちから自分で稼いだ経験を積んだあなたは、採用担当者の目に光って見えることでしょう。

バイトをしなくて良い

プログラミングである程度稼げるようになると、学費や生活のためのアルバイトをする必要がなくなります。

スキルを積めば、プログラミングの仕事は時給換算でアルバイトより稼げることも多いです。

大学での勉強に充てる時間を増やせたり、部活やサークル活動に専念できるでしょう。

プログラミングスキルが、より充実した大学生活を送る助けになるかもしれません。

大学生がプログラミングで稼ぐために知っておくべきポイント

喜ぶ男性

プログラミングに限らず、お金を稼ぐには筋道を立てて努力し、自分の強みを活かすことが大切です。

難しいポイントや挫折しやすい場面も先に想定しておくといいでしょう。

具体的には、次の3つを念頭におくことをオススメします。

稼ぎやすい言語

稼ぎやすい言語は、結論からいうと、人によって異なります。

プログラミング言語は、言語によってできることが異なります。

何をしたいかによって習得すべき言語や稼げる言語が異なるからです。

フリーランスのように自分で案件を獲得して働きたいのか、インターンやアルバイトなど会社に属して働きたいのか、など働き方によってもニーズの高い言語は変わってきます。

自分が何をしたいのか、どんな働き方をしたいのかによって、稼ぎやすい言語は変わります。

自分がプログラミングで目指したいことを確認すると、自ずと稼ぎやすい言語が分かってくるでしょう。

「大学生」であることを活かす方法

プログラミングの学習には、数ヶ月から年単位で時間がかかります。

仕事で時間を取られる社会人は学習時間の確保が難しく、学習が進まないことが挫折の原因にもなります。

社会人と比べて、大学生は比較的時間に余裕があり、多くの時間を勉強に充てることができます。

集中して学習することで、スキルを素早く身につけることができるのは、大学生の強みの1つです。

また、プログラミングスキルを活かしたインターンは大学生ならではの、稼ぎつつ学べる最高の手段です。

将来プログラマーとして会社に属して働きたい人にはもってこいと言えるでしょう。

インターンとして色々な会社で働き、社風や自分との相性をチェックするといいでしょう。

独学の限界

プログラミングでは、学習途中に様々なエラーに遭遇しますが、解決方法は一つではない事も多いです。

たとえエラーを一人で解決できた場合でも、より良い解決法があることは少なくありません。

気軽に質問したり、アドバイスをもらえる先生やメンターがいると、より効率よく学びを進めることができます。

そんな大学生におすすめのプログラミングスクールはテックアカデミーです。

テックアカデミーでは

  • 学生割引があり、お得に受講できる!
  • 無料体験があるため受講後に後悔することがない
  • プロのメンターによるきめ細かいマンツーマン指導

など、受講メリットが数多くあります。まずは無料体験を申し込んでみましょう。

なお、テックアカデミーについてもっと詳しく知りたい!という方は以下の記事も参照してみてください。

テックアカデミー(Tech Academy)とは?学べるコースや利用するメリットなどを詳しく紹介!

大学生がプログラミングで稼ぐ方法

パソコン

プログラミングで稼ぐ手段はたくさんあり、大学生だからこそ取れる手段もあります。

大学生の強みが活かせたり、初心者がチャレンジしやすい方法は次の3つです。

インターンで働く

「大学生」というポジションを活用できる効果的な方法です。

就職先として検討している会社でインターンとして働くことで、会社選びにも役立てることができます。

インターン先でそのまま採用が決まる人もいるので、その場合、就活をする必要がありません。

お金稼ぎになるだけでなく、就活も兼ねることができるので非常にオススメです。

案件を獲得する

ランサーズやココナラなどのクラウドソーシングで案件を獲得して、お金を稼ぐ方法もあります。

クラウドソーシングでは、場所や時間に縛られない働き方ができます。

空きコマを活用したり、旅行しながら合間に仕事をすることもできます。

自由度の高いやり方でお金を稼げるのが、この方法のメリットです。

アプリやサービスを開発する

自分で作りたいサービスがある場合、アプリやWEBサービスを自分で開発する方法もオススメです。

やや難易度が高く、お金になるまでに時間がかかりますが、一度作ってしまえば、あとは自動収入が見込めます。

また、案件獲得やインターンでは考えられないほどの高収入が見込める可能性があります。

アイデアに自信がある人は、この方法を試してみてはいかがでしょうか?

大学生でもプログラミングで稼ぐことは可能!

パソコン

今回の記事では、大学生でもやり方次第でプログラミングで稼げることをご紹介しました。

大学生がプログラミングで稼げないというのは、多くの場合、勉強やスキルの売り込みが足りていません。

勉強方法や営業方法が間違っていることもあるかもしれませんね。

十分に勉強し、スキルを正しく売り込めば、大学生であってもプログラミングで稼ぐ方法はたくさんあります。

むしろ、社会人と比べて時間がある大学生は有利とも言えるかもしれません。

間違いのない努力をすることで、プログラミングで稼ぐことは十分に可能です。

信じて努力を続けてみてください。