文系からプログラマーになる方法とは?必須の数学知識について詳しく紹介!

この記事を読んでいるあなたは

  • 文系だけどプログラマーになりたい!
  • 文系からプログラマーになれるの?
  • 文系からプログラマーになるためにはどんな勉強をすれば良いの?

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「文系からプログラマーになる難易度・方法」をお伝えしていきます。

プログラミングといえば、「バリバリの理系」というイメージを持っている方がいると思います。

しかし、文系の方でもプログラミングの勉強においては最低限の数学の知識があれば大丈夫です。

数学が苦手な方でも簡単に理解できる内容ですので心配する必要はありません。

文系出身のプログラマーは結構多い!

パソコン

結論から言うと、プログラマーの3人に1人は文系出身です。(独立行政法人情報処理推進機構による調査結果)

このことからプログラマーになるためには理系・文系で難易度の違いはほとんどないことが分かります。

理系だから有利!ということは決してなく、何をどのように勉強するかがプログラマーになるためには重要です。

以下でプログラミングの勉強をするにあたっての数学の勉強法について説明していきます。

文系からプログラマーになるためには?数学の知識が必要!

数学と聞くと「複雑な式を覚えなきゃ..」「三角関数や微分・積分など勉強する分野が多い!」と思う方もいるかもしれません。

しかしここでは、プログラマーになるためだけに必要な数学の知識に絞って説明しますので、簡単に理解することができます。

プログラミングに数学が必要な理由

まずはプログラミングになぜ数学の知識が必要なのかについて解説していきます。

このふたつは、「論理的」という点で非常によく似通っています。

例えばプログラミングでは、成果を求め、たどり着くための道筋を考えていきます。

数学も同じく、公式や途中式を活用して解答を導出します。

事象に基づいて解決の道筋を考えていく能力は、プログラミングと数学の両者で必要になってきます。

これより、数学が出来る人がプログラミングも得意とする傾向が出ています。

プログラマーに受験数学は必要ない

数学とプログラミングには密接な関係があります。

ただし、数学というよりか、後述するような数学スキルがあれば問題ありません。

実際にプログラミングするうえで、受験数学のような難しい数学スキルは必要とされないので、文系の皆さんもご安心ください。

実は著者の近辺にも、法学部でもプログラマーとして活動している人がいます。

皆さんが思うほど、プログラミングの敷居は高いものではありません。

具体的に必要とされる数学の知識

プログラミング勉強方法 まとめ

プログラミングをするうえで、どれほどの数学の知識が必要となってくるのでしょうか。ここでは

(1)条件式

(2)四則演算などの計算式

という2点について、ザックリとお伝えしていきます。

(1)条件式

条件式とは、たとえば「○○の場合、□□という行動を起こす」という処理を行う式です。

基本的に2つ以上の値の関係について記述し、等号(=)や不等号(>、≧、≦、<)で表します。

顔文字でよく見る文字たちですが、これがないとコンピュータは行動を起こせません。

非常に大切な知識であることが伺い知れるでしょう。

(2)四則演算などの計算式

「ある10ケタの数が9の倍数か判定せよ」

という問題があったとします。ここでいちいちその数を9で割り続けていたら、相当な時間がかかってしまいますよね。

しかし、

「9の倍数であれば、各位の数の和が9の倍数である」

ということを知っていれば、かなりの時間短縮につながります。このことからも、計算能力の必要性が分かります。

ここでは基本的な数学の能力についてのみ言及しました。

しかしひとくちにプログラミングといっても、AIをはじめとする一部の分野では高度な数学知識が要求されてきます。

ベクトル、微分積分などと聞いて、「ああ、数学嫌いだ」となった人も多いことでしょう。

そこで、ここからはそれらの知識も含めてプログラミングを勉強できる方法について紹介していこうと思います。

プログラミングに必要な数学の勉強法

プログラミング 言語

プログラミングの勉強法にも様々ありますが、最初は書籍で勉強することが大切です。ここでは、

(1)プログラマの数学

(2)ディープラーニングがわかる数学入門

(3)文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学

に3つに分けて、プログラミングの勉強に役立つ書籍を紹介していきます。

(1)プログラマの数学

プログラマの数学

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%95%B0%E5%AD%A6-%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E7%B5%90%E5%9F%8E-%E6%B5%A9-ebook/dp/B079JLW5YN

プログラミング初心者必携の本として、幅広い支持を集める本書。

数学がニガテな人が目を覆いたくなるびっしり書かれた数式は、ほぼ取り除かれています。

プログラミングを勉強するうえで「数学的な考え方」を理解するには、これ以上ない一冊と言って差し支えないでしょう。

「プログラマの数学」を購入するにはこちら!

(2)ディープラーニングがわかる数学入門(少し難しめ)

ディープラーニングがわかる数学入門

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83

今後AI界を導いていくと期待されているディープラーニング。

この本では、ディープラーニングを豊富な具体例や図解でしっかり理解できます。

数学も最新鋭の技術も同時に学べる優れもので、多くの学生にも使用されています。

「ディープラーニングがわかる数学入門」を購入するにはこちら!

(3)文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学

Pythonで学び直す高校数学

出典:https://www.amazon.co.jp/%E6%96%87%E7%B3%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83

現在世界的人気を博しているPython(パイソン)を学習しながら、高校数学についても学び直すことができます。

数学をやりながらPythonのコード学習も並行できるので、この本を終えたころには、始める前とは全く違う世界が見えていることでしょう。

「文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学」を購入するにはこちら!

ここまでで書籍について紹介してきましたが、書籍による独学には限界があることもまた事実。

モチベーションが保てない、どこで引っ掛かっているのかが分からないなど、挫折してしまう可能性もあるでしょう。その場合、

〇Webで学習する

〇スクールに通う

〇自分の様に勉強している仲間を見つける

など、続けられる勉強スタイルを確立していきましょう。

せっかく独学で知識がついたのに、次のステップで投げ出してしまうなんて非常にもったいないです。

壁にぶつかっても、それを乗り越えていけるような方法を見つけてみてください。

文系でもプログラマーになれる!

プログラミング

ここまでプログラミングを勉強しようと志した人向けの勉強法などについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

何が言いたかったかというと、「文系でもプログラミングを勉強し、習得することはできる」ということです。

是非自分に合ったスタイルを見つけて、プログラミングの習得に向けて一歩踏み出してみてください。