プログラマーに向き不向きは存在する?向いている人・向いていない人の特徴を詳しく解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • プログラマーの向き不向きについて知りたい
  • プログラマーに向いている人の特徴について知りたい
  • プログラマーに向いていない人の特徴について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「プログラマーに向いている人・向いていない人の特徴から適正を判断できるテスト」をお伝えしていきます。

また、もうすでにプログラマーとして就職したけど「自分って向いてる?」「仕事が辛い」と思っている方は以下の記事を確認してみてください。

新卒でプログラマー、仕事が辛い!辛さの原因や解決方法を詳しく紹介!

プログラマーに向き不向きは存在する?

仕事場

結論から言うと、プログラマーに向き不向きは存在します。

プログラマーは人によって向き不向きが顕著に現れる職業です。

向いている人はどんどん言語を習得し仕事をこなしていきます。

それに対して、向いていない人は1つのエラーで長い時間悩んでしまうことがあります。

次に、具体的にプログラマーに向いている人・向いていない人の特徴を詳しく紹介していきます。

プログラマーに向いている人の特徴

山

物事を冷静に分析することができる

プログラミングとはエラーとの戦いです。

プログラマーとして多くの経験を積んだ人でもエラーを出さずにプログラムを組むことは非常に難しいです。

このエラーに対して「なぜエラーが出たのか」「どう組めばエラーが出なかったのか」を冷静に分析できる方は成長が早いです。

プログラマーにとって、エラーを対処する力はとても大切な能力です。

エラーが解決できなくても感情的にならず、冷静に分析し、解決することができる人はプログラマーに向いています。

コミュニケーション能力が高い

プログラマーにとってコミュニケーション能力は必要不可欠です。

なぜなら、1つのプロダクトをチームで協力して開発することが多いからです。

コミュニケーション能力が高いとチームでの作業を円滑に進めることができます。

また、プログラマーとしてある程度経験を積むと、プロジェクトの責任者を任されることもあります。

そのため、色々な性格の人と気軽にコミュニケーションを取れる人はプログラマーに向いています。

自分の課題を発見し自学自習ができる

プログラマーが成長するためには自分の課題を発見し、自主的に学習する必要があります。

IT業界はトレンドの移り変わりが非常に早いです。

そのため、必要とされるスキルや能力も素早く変化していきます。

プログラマーは「自分には何の能力が足りないのか」「他に身につけるべきスキルはないか」を常に考え、勉強していかなくてはなりません。

新しい情報を取り入れることができる

プログラマーは常に新しい情報を取り入れる必要があります。

先ほども述べたようにIT業界はトレンドがあっという間に変わっていきます。

プログラマーは、TwitterやIT業界の情報を紹介しているサイトなどで、「今必要とされているものは何か」「今後流行りそうな言語は何か」を考えなくてはなりません。

貪欲に新情報を吸収することができる人はプログラマーに向いています。

研究肌、勉強好き

プログラマーは常に勉強することが求められます。

繰り返しになりますがIT業界はトレンドの移り変わりが非常に早いです。

今、必要とされているスキルが5年後、10年後には全く需要がないという可能性も十分にあります。

日々の業務をこなしながら、空いている時間を使って、勉強することができる人はプログラマーに向いています。

プログラマーに不向きな人の特徴

絶望する女性

ここでは、プログラマーに不向きな人の特徴を詳しくお伝えしていきます。

創作活動が好きではない

「今人材が不足している業界だから」「稼げそうだから」

近年、上記のような理由だけでプログラマーになる方は一定数います。

しかし、プログラマーはアプリやゲームなどの創作をする仕事です。

そのため、このような理由のみで就職するといずれ仕事へのモチベーションを保つことが難しくなります。

もともと創作活動が好きではない方はプログラマーに向いていないと言えるでしょう。

ロジカルシンキングが苦手

プログラマーは物事を論理的に考えるロジカルシンキングが求められます。

「ボタンを押すと数値が表示される」「指定した計算を開始する」

上記のような指示をコンピューターに与える際にはロジカルシンキングに基づいて実装する必要があります。

ロジカルシンキングができていないと、コードを書くことができても正確な指示を与えることができません。

そのため、物事を順序立てて考えることが苦手な方はプログラマーに向いていないかもしれません。

自主性が低い

プログラマーとして優秀な方の多くは自主的に勉強をしています。

プログラミングの世界は新しい言語や技術が常にアップデートされています。

そのため、目の前の仕事をただこなすだけで新しい知識を取り入れなければ、優秀なプログラマーになることはできません。

自主的に必要な学習をすることができない方はプログラマーに向いていないと言えるでしょう。

細かいことが嫌い

プログラマーはエラーを出さないために、いかにコードをシンプルかつ簡単に書くかが求められます。

そのため、細かいショートカットや表現を意識せずにコードを書いてしまうと、エラーの解決に時間がかかってしまいます。

また、プログラマーはチームでアプリなどを開発することが多くあります。

チーム開発の際には、自分だけでなく他のメンバーにもコードやメモの意味を理解してもらう必要があります。

そのため、「自分だけが分かればいいや」「面倒くさいからテキトーにコードを書こう」と細かい作業を嫌う方はプログラマーには向いていません。

成長する意思がない

先ほども述べましたがIT業界はトレンドの移り変わりが非常に早いです。

そのため、常に新しい情報を取り入れ仕事に活かそう!という成長意欲がない方はプログラマーには向いていません。

昇進できないだけでなく、同じ職場のプログラマーと熱量の差を感じ、仕事へのモチベーションが保てなくなる恐れもあります。

成長しよう!という意思のない方にはプログラマーはおすすめできません。

プログラマーに不向きな人から向いている人になる方法

笑顔の女性

ここまで、プログラマーに向いている人の特徴、向いていない人の特徴について紹介しました。

ここでは、向いていない特徴に当てはまる人が向いている人になるための方法について解説していきます。

目標を決めて努力する

結論、プログラマーに向いている人になるためには明確な目標を決めて努力するしかありません。

上記であげた向いている人の特徴は、プログラマーとして経験を積んでいるうちに身につくものが実は多いです。

たとえ、向いていない人の特徴に当てはまっていても向いている人の特徴を押さえて努力をすれば、優秀なプログラマーになることができます。

しかし、「目標といってもどうやって設定すればいいかわからない」と思っている方もいると思います。

次でおすすめの目標設定の方法をお伝えしていきます。

プログラマーに向いているかどうかはプロのエンジニアに相談しよう

プログラミング 言語

結論、プログラマーになるための目標設定、プログラマーに向いているかどうかの診断をするにはプロのエンジニアに相談するべきです。

プロのエンジニアに相談すると

  • 今の自分の状況がわかり目標を詳細に設定できる
  • プログラマーに向いているかどうかがわかる
  • プロの学習ノウハウを聞くことができる

などのメリットがあります。

ほとんどの場合、プロのエンジニアによるカウンセリングは有料ですが、テックアカデミーならキャリアカウンセリングを無料で受けることができます。

ぜひこの機会に無料カウンセリングを申し込みましょう。

なお、以下の記事ではテックアカデミーについて詳しく紹介しているのでぜひ参照してみてください。

テックアカデミー(Tech Academy)とは?学べるコースや利用するメリットなどを詳しく紹介!

プログラマーの向き不向きについてまとめ

プログラミング

 

今回、プログラマーに向いている人の特徴、向いていない人の特徴について紹介しました。

プログラマーには向き不向きが存在することは事実ですが、プロのエンジニアと相談しながら目標を定めれば、向いている人の特徴を身につけることができます。

興味がある方はぜひ無料カウンセリングを受けてみましょう。