プログラマーは頭がおかしい人が多いって本当?実際の特徴について詳しく解説!

2021年3月29日

この記事を読んでいるあなたは

  • プログラマーは頭がおかしい人が多いって本当?
  • なぜプログラマーは頭がおかしいって言われるの?理由は?
  • プログラマーの実際の特徴について知りたい

上記のように考えいているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「プログラマーは本当に頭がおかしい人が多いのか、プログラマーの実際の特徴」についてお伝えしていきます。

プログラマーは頭がおかしい人が多いのは本当?

パソコン

結論から言うと、プログラマーは頭がおかしい人が多いというのは半分合っていて半分間違っています。

次で詳しく説明していきます。

頭がおかしいというより変わっている

プログラマーには他の職場にはいない、少し変わっている人が多いです。

ただ、変わっているというのはマイナスな面で捉えられることはほとんどないです。

どちらかというと、「そんな視点があったのか!」とポジティブに捉えられる変人が多い印象です。

普段からプログラムを書いているからこそ、普通の職場で働いている人にはない視点を持っているようです。

プログラマーは頭がおかしいと言われる理由

考えている男性

ここでは、プログラマーが頭がおかしいと言われる理由について解説していきます。

プログラミングが未知の領域だから

プログラマーは頭がおかしいと言われる理由の一つとして多くの人にとってプログラミングが未知の領域だからという点が挙げられます。

特に、普段からパソコンを使わない人にとっては「プログラマーって何をやっている人たちなの?」と疑問に思うでしょう。

プログラマー=何をやっているかわからない人というイメージができていることにより、「頭がおかしい人が多い」と判断していることが考えられます。

話す人が少ないというイメージを持っているから

プログラマーは頭がおかしいと言われている2つ目の理由として、話す人が少ないというイメージを持っていることが挙げられます。

たしかに、基本的にはパソコンに向き合っていることが多く、普通の職場より会話が少ないかもしれません。

また、仕事に関する会話はチャット上で行っていることもあります。

プログラマーは何を考えているのか分からないと感じる人が一定数いるのでしょう。

頭がおかしい人が多い?実際のプログラマーの特徴

プログラミング 言語

ここまでプログラマーは頭がおかしい人が多いと言われる理由について紹介してきました。

しかし、読者の中には「プログラマーって実際はどんな人なの?」「プライベートは?

と、疑問に思っている人もいるかもしれません。

ここでは、そのような疑問を解決するために「実際のプログラマーの特徴や様子」について詳しくお伝えしていきます。

意外と明るい人が多い

プログラマーは意外と明るい人が多いです。

もちろん、自分から全く話さなかったり、寡黙な人がいることも事実です。

しかし、プログラマーはクライアントや他の部署の社員と話す機会が多いため、コミュニケーション力が高い人が多いです。

また、一見おとなしそうに見えても話しかけると気さくに応えてくれる人もいます。

集中力がすごい

仕事に対する集中力が高い人が多いことも特徴の一つです。

作業をする時は黙々とパソコンに向かい合い、ほとんど会話をしない人もいます。

プログラマ-は文字の入力ミスや操作ミスがプロダクト全体に影響を与えてしまうことがあります。

そのため、作業をする時は全神経を注いで仕事をしている人が多いです。

オタクやマニアが多い

プログラマーにはオタクやマニアが多いことも特徴の一つです。

プログラマーとして働いている人は普段からゲーム制作をするなど、好きなことを仕事にしている人が多いです。

そのため、仕事以外の日常生活ではアイドルやアニメなどに熱中している人もいます。

また、フィギュアや昆虫などコレクションマニアも多い印象です。

プログラマーは頭がおかしい?についてまとめ

プログラミング 勉強方法

今回、プログラマーは頭がおかしいのは本当?について解説してきました。

プログラマーはアプリ開発やゲーム開発など、難しい仕事をしているため変わっている人が多いという印象を持たれることが多いです。

しかし、お伝えしたようにそこまで変わっている人が多いわけではありません。

この記事でプログラマーに対する見方が少しでも良い方向に変わってくだされば幸いです。