【2021年最新!】初心者プログラマーにおすすめの資格5選を詳しく紹介!

この記事を読んでいるあなたは

  • プログラミングに関する資格を取りたい!
  • プログラミングの資格って簡単なの?難易度は?
  • プログラミングの資格を取って就職で優位に立ちたい!

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「初心者におすすめのプログラミング資格、難易度、就職への影響」をお伝えしていきます。

なぜプログラミングの資格を取った方が良いのか

プログラミング 言語

この記事を読んでいる方の中には「プログラミングの資格って何の役に立つの?」と疑問に思っている方がいるかもしれません。

ここではプログラミングの資格を取得することによって得られることについて詳しく紹介していきます。

就職に有利

資格を取得することによって就職活動をする際に他の就活生よりも優位に立つことができます。

資格は、自分のプログラミングの知識やスキルレベルを客観的に証明することができるため、自己アピールの材料になります。

将来、IT系の会社に就職することを考えいている方は資格取得を目指すことをおすすめします。

プログラミングについてさらに詳しくなる

資格を取得するために勉強することによってプログラミングに関する知識をさらに身につけることができます。

プログラミングを独学で学んでいると、自分の作業に関することばかりを勉強してしまい、知識に偏りが生じてしまいます。

しかし、多くのプログラミングの資格試験では、プログラミングの知識を幅広く問われます。

そのため、試験対策の勉強をしていく過程で体系的に知識を身に付けることになります。

様々な知識を備えていることによって、自信を持って開発業務に取り組めるようになります。

プログラマーになった後にも活きてくる

プログラミングに関する資格を取得するとプログラマーになった後にも活きてきます。

資格取得のために学んだ知識やスキルは就職後に役に立つことが多いです。

資格に関する知識を学んでいると、同じプログラマー同士の会話に参加することができ、上司や同僚からの評価も高くなります。

また、新しく言語を学ぶ場合にも資格取得によりプログラミング言語を体系的に学んでいるので、学習スピードが速いというメリットもあります。

初心者におすすめのプログラミング資格5選

プログラミング

では、初心者におすすめのプログラミング資格5選について紹介していきます。

なお、簡単に各資格の特徴を知りたいという方向けに表を作成したので確認してみてください。

試験名 合格ライン 問題数 試験時間
Ruby技術者認定試験 75% 50問(選択式) 90分
C言語プログラミング能力認定試験3級 68% 140問程度(選択式) 60分
PHP技術者認定初級試験 70% 40問(選択式) 60分
MASTER Bronze Oracle Database 12c 70% 73問(選択式)
Javaプログラミング能力認定試験3級 60% 6問(選択式+記述式) 60分

Ruby技術者認定試験

合格ライン 問題数 試験時間
75% 50問(選択式) 90分

Ruby技術者認定試験制度は、Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師及びRubyを学ぶ学生などを対象とした認定試験制度です。

試験は「シルバー」と「ゴールドの」2種類に分かれています。

ゴールドの方が若干難易度が高いですが、どちらの資格もRubyエンジニアは必要と言えるでしょう。

「シルバー」では以下の内容が問われます。

  • Rubyの文法知識
  • Rubyのクラスとオブジェクトの知識
  • 標準ライブラリの知識

「ゴールド」では以下の内容が問われます。

  • 標準添付ライブラリ知識
  • アプリケーション設計に必要となるクラスやオブジェクトに関する知識

初心者の方はまずはシルバー取得を目指して勉強することをおすすめします。

C言語プログラミング能力認定試験3級

合格ライン 問題数 試験時間
68% 140問程度(選択式) 60分

C言語プログラミング能力認定試験では以下の内容が問われます。

  • 仕様変更に対してコーディングやコンパイル、デバッグを行える能力
  • C言語でプログラムを完成させる能力

初心者が3級に合格するための学習時間の目安が110時間と公開されているため、ある程度の難易度の問題が出題されます。

初心者の方はまずは3級取得を目指して勉強することをおすすめします。

PHP技術者認定初級試験

合格ライン 問題数 試験時間
70% 40問(選択式) 60分

PHP技術者認定初級試験はPHP言語の基礎的知識が問われる試験です。

この資格を取得しておくと、WEBサービスやWEBアプリ開発の仕事に携われる可能性が高まり、WEBプログラマーとして活躍できます。

難易度は比較的易しいため、始めてプログラミングの資格試験を受ける方におすすめです。

将来WEB系エンジニアを目指している方は今のうちに資格を取得して就職に活かしましょう。

MASTER Bronze Oracle Database 12c

合格ライン 問題数 試験時間
70% 73問(選択式)

MASTER Bronze Oracle Database 12cは、Oracle Databaseを活用して、ITシステムを実現するために必要となる知識とスキルを有していることを認定する資格です。

この資格を取得するとオラクルのデータベースを扱うことができるとアピールすることができます。

将来、データベースの構築やSQLの実行をしたい方は受験することを強くおすすめします。

Javaプログラミング能力認定試験3級

合格ライン 問題数 試験時間
60% 6問(選択式+記述式) 60分

Javaプログラミング能力認定試験3級はオブジェクト指向の基本的な概念の理解度が問われます。

3級はJavaで簡単なプログラムが書ければ合格できる可能性が高いです。

この資格を取得するとJavaに関する知識が身についているとアピールすることができます。

将来、Javaのエンジニアとして働きたい方は是非資格を取得してエンジニアとしての市場価値を上げましょう。

プログラミングの資格を取得する方法

プログラミング 勉強方法

ここまで、初心者におすすめのプログラミング資格について紹介してきました。

しかし、この記事を読んでいる方の中には「資格ってどうやって取得すればいいの?」「独学で取得できる自信がない」という方もいると思います。

ここでは、そんな方のためにプログラミングの資格を取得する方法について詳しく解説していきます。

プログラミングスクールに通えば最短で資格を取得できる!

結論、初心者の方が資格を取得するにはプログラミングスクールに通うことが一番の近道です。

プログラミングスクールに通うメリットは3点です。

  • プロの講師に教えてもらえるので本質的にプログラミングを理解できる
  • 講師も資格を取得している場合が多いため、試験に関する独自のコツやノウハウを聞ける
  • 1人で悩まず、すぐに講師に相談することができる

このようにスクールに通うと、最短で本物の知識を得ることができます。

是非資格取得を考えている方はスクールに申し込みをしましょう。

資格取得におすすめのプログラミングスクールは?

プログラミング勉強方法 まとめ

先ほど、資格取得のためにプログラミングスクールに通うことの重要性をお伝えしました。

しかし、どこのスクールが1番資格取得に最適か分からない方も多いと思います。

ここでは、資格取得に最適なスクールとその理由について紹介していきます。

資格取得ならリナックスアカデミーが最適

結論から言うと、資格を取得するのに最適なスクールはリナックスアカデミーです。

リナックスアカデミーなら、

  • 初心者にもわかりやすいカリキュラムが用意
  • プログラミングを熟知したプロ講師による少人数制授業
  • 最短4週間で資格を取得可能

などのメリットがあります。

リナックスアカデミーについてもっと詳しく知りたい!という方は以下の記事も確認してみてください。

リナックスアカデミーとは?信頼度業界No.1のプログラミングスクールについて詳しく紹介!

本気で資格取得を目指している方は以下のリンクから個別カウンセリングを申し込みましょう。

初心者におすすめのプログラミング資格についてまとめ

パソコン

今回、初心者におすすめのプログラミング資格について紹介しました。

自分が将来目指しているエンジニアの種類や習得したい言語などに合った試験を受けるようにしましょう。

また、プログラミングスクールであるリナックスアカデミーは本当におすすめですので、是非個別カウンセリングを申し込んでみてください。