プログラミングに役立つ英語学習の方法とは?

「プログラミングを勉強するうえで、英語が必要になる」という話を聞いたことがある人は多いと思います。

でも、なぜ必要だといわれているのでしょうか。ここでは、

①人材不足の背景

②プログラミングと英語の同時学習のメリット

③具体的に求められる英語のレベル

➃英語とプログラミングを同時に学習する方法

についてお伝えしていこうと思います。

読み終わったころには、「英語とプログラミングを同時に勉強しよう!」という気持ちになっていることでしょう。

なお、以下の記事ではプログラミングに必須の数学に関する知識について紹介しているので、ぜひ参照してみてください。

文系からプログラマーになる方法とは?必須の数学知識について詳しく紹介!

①人材不足の背景

データ

まず、プログラマーについてお伝えしていきます。

近年プログラマーの不足が深刻で、総務省調べでは、IT企業でさえ約9割がIT人材の不足に悩まされているとされています。

それほどに人材が圧倒的に不足しているということの証左でしょう。

次に、英語は今や必須スキルのひとつといえます。

例えば「ユニクロ」は、2012年3月という極めて早いタイミングで社内の公用語を英語に切り替えています。

それにもかかわらず、The English Clubの2017年の調査では、日本の英語力がアジア最低レベルであることが判明しました。

日本は現在、深刻な英語力不足であるといわざるを得ません。

ここからわかることは、プログラマーと英語はともに人材が不足している分野であるということです。

需要の高いこのふたつを同時に学んでいくことは、相乗効果的に様々なメリットを得ることにつながるということでもあるのです。

 

②プログラミングと英語の同時学習のメリット

笑顔の女性

ここでは、プログラミングと英語を同時に学ぶメリットを、

(1)相性が良い

(2)最先端の情報にいち早くキャッチアップできる

の2点からお伝えしていきます。

 

(1)相性が良い

プログラミング用語には様々な英単語が登場するため、英語力が必要になります。

ただし、コードの英単語の意味があらかじめ分かっていれば、習得までの時間を大幅に短縮できるのです。

英語の習得によってプログラミングの作業効率が上がると考えれば、同時に勉強しない手はないでしょう。

 

(2)最先端の情報にいち早くキャッチアップできる

世界のITの中心地はアメリカのシリコンバレーです。

それゆえ、IT関連の最新情報は英語圏に向かって発信されることが多い。

つまり、プログラミング言語は世界共通でも、まず最初に英語圏が情報を得るということです。

英語で発信された情報をいち早く自分で理解できる人材が重宝されるのは、至極まっとうな話といえるでしょう。

 

③具体的に求められる英語のレベル

英語の本

ITエンジニアには、最新情報にいち早くキャッチアップするためのリーディング能力が求められます。

もっとも有名な英語資格のひとつであるTOEICでいうところ、リーディングで大体425点以上(495点満点)あれば問題ありません。

ネイティブレベルの能力は必要ないですが、英語資料を理解できるレベルにはなっておく必要があるといえるでしょう。

 

➃英語とプログラミングを同時に学習する方法

プログラミング

効率的に学ぶには、「言語が英語の教材でプログラミングを学ぶ」のが最善の手です。

ただその前に、中学、高校レベルの英単語、文法は復習しておきましょう。

この工程を面倒くさがる人はたくさんいると思いますが、後々の勉強の際に重要になってきます。

高校レベルまで一通り復習し終わったら、

(1)実際のプログラミングを通してリンクさせて覚えていく

(2)興味ある分野の動画を英語で視聴する

などしていくと効率が良いです。以下では、(1)(2)のメソッドが実践できるサイト・スクールを紹介しています。是非参考にしてみてください。

 

Udemy(ユーデミー)

Udemyとは、優に10万を超える講座を開講しているサイトです。

プログラミング以外にも様々なジャンルの英語動画を配信しています。

有料ではありますが、一度購入したら何度でも復習できるシステムです。

講座はひとつにつき1万円程度と高めですが、かなりの頻度でセールを開催しており、しかも30日返金保証もあるので信頼度バツグンです。

 

Codecademy

Codecademyは、世界規模で展開しているブラウザ完結型のサービスです。

プログラミング講座を無料で受けられることもあり、数千万規模のユーザーがいます。

また有料会員になれば、上級レベルまで様々な講座を受けられるようになります。

金額も月額19.99ドルからと決して高くはなく、気軽に始めることができるといえるでしょう。

テックアカデミー(Tech Academy)

テックアカデミー(Tech Academy)では、実務経験のあるメンターがマンツーマンで生徒を指導するプログラミングスクールです。

実際にエンジニアとして働いていたメンターから指導を受けるため、プログラミングに必要な英語を最短で学習することができます。

また、分からない単語があった場合でもすぐにメンターに質問できるので、挫折することなく学習することが可能です。

以下の記事ではテックアカデミー(Tech Academy)に入会するメリットについて詳しく紹介しているので、ぜひ参照してみてください。

テックアカデミー(Tech Academy)とは?学べるコースや利用するメリットなどを詳しく紹介!

 

英語もプログラミングも、継続することで確実に実力を上げていくことができます。

逆に、思い立って数日だけ勢い勉強、エネルギー切れで後が続かないのはよくありません。

毎日実直に、これらの方法で学習を続けていってください。

 

〇まとめ

パソコン

今後ドンドンと需要が高まっていくだろうプログラミングと英語。

世界に通用するこのふたつを同時に学んでいくことで、大きな相乗効果を生み出し、経験値も同時に稼いで行くことができます。

プログラミングに使用されている英単語や文章も決して難解なものではなく、しっかり学習していけば必ず習得できるものになっています。

今からでもプログラミングと英語を同時に学習し、ワールドワイドに活躍できる人材を目指していきましょう。