プログラミングスクールは挫折する人が多い?挫折する理由や挫折しないための方法を紹介!

プログラミングスクールを挫折する人は多い?

悲しむ女性

学生のうちにプログラミングを学びたい人、あるいは企業に就職してプログラミングが必要になった人はいずれもプログラミングスクールでプログラミングを学ぶと思います。

ですがプログラミングスクールを受講した人の多くが挫折しているというのが現実です。

この記事では、プログラミングスクールを挫折する理由やプログラミングを挫折する人の特徴、プログラミングで挫折しないためにはどうすればいいのかを分かりやすく紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にプログラミングスクールの受講を検討してみてください。

プログラミングスクールを挫折する理由

コンピューター

まず、プログラミングスクールを挫折する理由を紹介していきます。

おそらく、プログラミングスクールを挫折した人のほとんどが今から紹介する理由のどれかに当てはまると思います。

  • 本業との両立が難しくなるから
  • 途中で自分に適性がないと気づくから
  • 現実とのギャップに気づくから
  • 継続するためのサポートがない場合があるから
  • 無料スクールはいつでも辞められるから
  • 未経験でも就職できると気づくから
  • 入会、無料体験だけで満足してしまうから

この順番で紹介していきます。

本業との両立が難しくなるから

これは特に会社員の人に多い理由ですね。

シンプルに時間がなくてきつい

どっちつかずでどちらにも集中できなくなる

こういった感じですね。

実際プログラミングは始めたてのうちはごちゃごちゃしてて集中することが難しいです。

なので挫折してしまうということですね。

途中で自分に適性がないと気づくから

プログラミングをするときは論理的思考というものが必要になり、プログラミングを始めたてでまだこの思考が十分に身についていない人は

そもそも自分には向いていないんじゃないかな

自分には才能がないんじゃないかな

と思って挫折してしまうといった感じですね。

現実とのギャップに気づくから

理想は

「プログラミングなんて文法さえ覚えてしまえば簡単にコードを打ち込めるぞ」

というような感じですが現実はそううまくはいきません。

文法を完璧に暗記したとしても、自分が作りたいものの抽象的なイメージをコードに落とし込むのはプログラミング初心者からしたらけっこう難しいです。

その現実に気づき、挫折してしまうといった感じですね。

継続するためのサポートがない場合があるから

プログラミングスクールごとによって違うかもしれませんが、継続するためのサポートがない場合があるのは現実です。

これに関しては受講者は全く問題がないのですが、継続するためのサポートがないため挫折していくという感じですね。

無料スクールはいつでも辞められるから

無料スクールに関してですが、無料スクールは基本的にいつでも辞めることができます。

なので、続けるかやめるかは完全に自分の気持ち次第というわけです。

会員制の有料スクールなどであれば、続けなければならないという義務感がありますが無料スクールではいっさいそのようなものがありません。

したがって、

「どうせ無料で受けてるんだしやめちゃおう」

というふうに挫折するといった感じですね。

未経験でも就職できると気づくから

プログラミングは未経験でも就職できる場合があります。

なので特にプログラミングを学んで就職・転職を目指していた人は

なんだ未経験でも就職できるのか

というふうにあっさり挫折していくといった感じですね。

入会・無料体験だけで満足してしまうから

いざプログラミングを学ぼうという強い意志があっても入会・無料体験だけで満足してしまい挫折していくといった感じですね。

確かに言われてみればプログラミング以外にもヨガや料理、スポーツジムなどの無料体験も多くの人は「無料体験どまり」しているわけでこの理由に関しては結構納得がいきますね。

プログラミングを挫折する人の特徴

絶望する男性

次にプログラミングを挫折する人の主な特徴を紹介していきます。

「こんな人にはプログラミングは向いていない」

ということではないのであくまで参考程度に見ていってください・

明確な目標がない

プログラミングを途中で挫折してしまう人の中には明確な目標がない場合があります。

まあ普通に考えたらそうですよね。

当然目標がなければ何事も続かなくなってしまいます。

プログラミングを始めた初期衝動が

なんかかっこよさそうだから

という人に多いかもしれません。

 自学自習ができない

たとえサポートがしっかりしたプログラミングスクールに通っていたとしてもある程度の自学自習は必要になってきます。

これはスポーツをたとえにするとわかりやすくて、やはりスポーツでもよりたくさん自主練習をしている人のほうが上手ですよね。

なので若いころから自学自習が苦手だったひとに多い特徴かもしれませんね。

地味な努力ができない

これは先ほど紹介した「自学自習ができない」と少し似ていて、地味な努力=積み重ねの練習が苦手な人に多い特徴と言えるでしょう。

実際、勉強など地道に努力することが嫌いな人は沢山いると思います。

そういった人たちが

「面倒くさい!」

と言って挫折していくといった感じですね。

プログラミングスクールを挫折しないためには

山

では、どうすれば挫折せずに済むのでしょうか?

ここまで挫折する理由を紹介されたら挫折しない方法が知りたいですよね。

なのでそんな疑問に対してシンプルな答えを紹介していきます。

勉強する目的を明確にする

まず勉強を始める前に勉強する目的をはっきりさせましょう。

目的をはっきりさせることによって勉強をするモチベーションをあげることができます。

また、目的別に学んだほうがいいプログラミング言語というのも存在するのでなおさらはっきりさせておきましょう。

勉強を習慣化させる

これに関しては少し難しいですが、「習慣」なので言ってしまえば食後に歯を磨くのとおんなじです。

毎日決まった時間に積み重ねて勉強をして勉強することを習慣化させてしまいましょう。

 挫折しにくい環境をつくる

挫折しにくい環境をつくるのもとても重要になってきます。

例えば、ごちゃごちゃ書類が置いてある机と、整理されていて観葉植物が置いてある机だったらどちらのほうが仕事がはかどりますか?

ほとんどの人が後者だと思います。

こんな感じで作業をする環境は何事をするにしてもとても重要になってきます。

なので、自分が落ち着いて作業ができる環境づくりをしてみてください。

プログラミングスクールは挫折する?についてまとめ

プログラミング 

今回の記事では挫折する理由、挫折する人の特徴、挫折しないためにはどうすればいいかについて紹介してきました。

挫折する理由や挫折する人の特徴のほとんどに一貫して言えるのは

「継続ができていない」

これだと思います。

継続は力なりですのでもしプログラミングスクールに通うならば、ぜひくじけずに継続してみてください。

きっと大きな力になると思います。