返金保証があるプログラミングスクール5選と選ぶ際の注意点を解説

2021年4月13日

この記事を読んでいるあなたは

  • プログラミングスクールの返信保証制度について知りたい
  • プログラミングスクールの返金保証は本当に返金されるのか知りたい
  • 返金制度があるプログラミングスクールを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「プログラミングスクールの返金保証制度の仕組みやメリット・デメリット、返金保証制度があるプログラミングスクール」について詳しくお伝えしていきます。

プログラミングスクールの返金保証制度とは

お金

近年エンジニアの需要が高まり、プログラミングを学びたいと思う人が増えていることからプログラミングを短期集中で、効率的に学べるとしてプログラミングスクールが多くの注目を浴びています。

その人気の理由の一つに受講代の返金保証制度が挙げられます。

返金保証がつく基準は各スクールによって違いますが、多くのスクールがこの保証制度を導入しています。

この後にはプログラミングスクールでの返金保証が付く基準について紹介しています。

プログラミングスクールで返金保証がつく基準

書類

スクールで返金保証がつく基準スクールの返金保証の基準には様々なものがありますが、ここではよくある返金保証がつく基準をいくつか解説していきます。

受講内容に満足できない場合

多くのスクールに見られるパターンですが、受講内容に満足できない場合に返金されるというものです。

ですが、返金保証を申請できる期間が受講開始後何日以内などの期限がある事が多いので、注意が必要です。

転職or就職できなかった場合

こちらは転職率99%、就職率98%など、転職or終始弱く成功率が高く、エンジニアへの転職or就職実績の高さを保証するために、転職or就職できなかった場合に返金するというシステムで、特に大手のスクールによく取り入れられています。

転職or就職できた場合

こちらは先ほど紹介したものとは逆のシステムで、転職or就職できた場合のみ返金されるというシステムになります。

転職or就職できると返金がなされるため、生徒の意識が自然と上がり、転職or就職の成功率が自然と上がるため、いくつかのスクールではこのシステムが取り入れられています。

返金の申請をした場合

これは、先ほど紹介した受講内容に満足できない場合と似ていますが、特に理由がなくとも返金の申請をすると返金されるというものになります。

ですが、申請できる期限が限られていたり、返金される額の上限が決まっていたりということがあるので注意が必要です。

返金保証があるスクールを選ぶメリット・デメリット

疑問

 

ここでは、返金保証があるスクールを選ぶメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。

メリット

メリットはなんといっても返金保証があるので、お試し気分で申し込むことができ、受講できるということでしょう。

また、先ほど説明した場合別ですと転職or就職できなければ返金保証がつくというスクールの場合、通ってカリキュラムに従って学習すれば、ほとんどの場合エンジニアになれるということが約束されているので、独学に比べて小さな不安でエンジニアへの転職or就職を目指すことができます

デメリット

デメリットとしては、返金保証に申請期限や申請条件があり、それらを満たしていない限り返金を申請できないことがあるので、本当に返金されるのか注意する必要があるという点です。

これについては後に詳しく解説しています。

他には先程と同様の転職or就職できなければ返金保証がつくというスクールの場合では、スキルがしっかりと付いていないと判断された生徒に対して、スクール側からなるべく返金をしないためにブラックな企業や待遇が良くない企業への転職or就職を勧められる可能性があるというデメリットがあります。

返金保証があるスクールを選ぶ際の注意点

注意

ここでは返金保証があるスクールを選ぶ際の注意点について、解説していきます。

スクールに申し込む際には、これらの注意点について、事前にチェックしてから申し込むようにしましょう。

申請期限を確認する

スクールの返金保証には、受講から14日以内などの申請期限が用意されている事があります。

申請条件を確認する

申請期限以外にも、年齢や転職先、転職後の雇用形態などの申請条件が用意されているケースもあります。

返金保証があるプログラミングスクール5選

プログラミング

ここでは、返金保証制度が用意されているプログラミングスクールを5つ紹介します。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyは、現役エンジニアとマンツーマンで学ぶ事ができるオンライン制のスクールです。

返金に関しては原則としてはできませんが、「システムのログイン前である」「利用期間開始日の1営業日前である」などいくつかの条件を満たせば返金を行う事ができます。

↓↓↓無料体験や入会申し込みはこちら

なお、TechAcademyについてもっと詳しく知りたい!という方は以下の記事を参照してみてください。

テックアカデミー(Tech Academy)とは?学べるコースや利用するメリットなどを詳しく紹介!

DMM WEB CAMP

DMM WEB CAMPは転職保証がついたオンライン型のスクールです。

DMM WEB CAMPは学習開始から8日以内であれば、どのような理由であっても全額返金することができます。

↓↓↓無料体験や入会申し込みはこちら

なお、DMM WEB CAMPの給付金制度について詳しく知りたいという方は以下の記事を参照してみてください。

DMM WEB CAMPで給付金はもらえる?受給の条件や申請の手順を解説!

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEもオンラインでプログラミングを学べる転職or就職に重点を置いたスクールです。

DIVE INTO CODEは入学金は対象外ですが、いつでも返金を申請すると未受講分の料金を返金することができます。

↓↓↓まずは無料説明会に申し込んでみましょう。

Aidemy Premium Plan

Aidemy Premium Planは期間内に講座を受け放題というプランで学習できるスクールで、受講開始14日以内であれば返金を行うことができます。

↓↓↓まずは無料ビデオカウンセリングから受けてみましょう。

tech boost(テックブースト)

tech boostはロンブーの淳さんがアンバサダーを務めているスクールで、返金は原則として行えないのですが、学習開始8日以内であればクーリングオフを使用することができます。

↓↓↓無料体験や入会申し込みはこちら

まとめ

今回はプログラミングスクールの返金保証について詳しく解説してきました。

返金保証といってもスクールにより違いがあり、メリットもデメリットもあります。

プログラミングスクールを検討する際は是非この返金保証に関しても、よくチェックして受講を検討してみてください!