未経験からWebライターの始め方!副業として稼ぐコツを詳しく解説!

2021年5月10日

この記事を読んでいるあなたは

  • Webライターの始め方を詳しく知りたい
  • Webライターになるメリット・デメリットを知りたい
  • Webライターで稼ぐ方法を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、近年副業の一つとして話題のWebライターの「Webライターの始め方やメリット・デメリット、Webライターとして稼いでいくコツ」について詳しく解説していきます。

Webライターとは

ライティング

副業に向いている仕事!

Webライターは、時間や場所に縛られず仕事できますが、安定して収入を得ることが難しいため、主に副業に向いていると言えるでしょう。

平均的な報酬額

Webライターの報酬額は文字単価によって決まり、初心者だと0.8円/1文字程度の報酬ですが、プロのWebライターですと、文字単価3円/1文字のライターも存在します。

Webライターの始め方

スタート

ここでは未経験からWebライターになる方法を順に解説しています。

自分のブログを書く

まずは自分でブログを立ち上げ、ブログを書きはじめましょう

自分のブログを作ることで、そのブログが一つの実績になり、またブログを実際に一から作ることでブログの作り方や書き方を体で覚えることができるようになります。

Webライティングを学ぶ

Webライターとして稼ぐためにはSEO対策やキーワード選びなどライティングにおけるスキルが必要になります。

それらのWebライティングスキルを学習し、またそのスキルを自分のブログに活かすことで稼げるライティングスキルを身につけましょう

スキル売買サイトに登録する

ライティングの仕事を受注するために、スキル売買サイトに登録します

おすすめのスキル売買サイトについては後に紹介しています。

仕事を受注する

スキル売買サイトを通して仕事を受注したらあとは仕事に取り掛かるのみです。

ここの流れについてはこの次に詳しく解説しています。

Webライターの受注から納品までの流れ

PC仕事

ここでは、スキル売買サイトでWebライターがどのように仕事を受注し、納品するのかといった一連の流れを順に解説しています。

仕事の受注

登録しているスキル売買によって多少の違いはありますが、基本的にクライアントがWebライターを探している際に提案する形で仕事を受注します。

ヒアリング

仕事を受注することができたら、書き方やテーマなどのヒアリングを行い、仕事内容の確認を行います。

ライティング作業

ここでついにライティング作業を開始します。

できるだけクライアントの意思に沿って、クライアントの希望通りのライティングをするように心がけましょう

仮納品

ライティングした記事を仮に納品し、クライアントに確認してもらいます。

修正

仮納品で何かしらの問題があった場合に、ライティングした内容の修正を行います。

納品

修正後納品し、クライアントからOKをもらうとWebライターとしての仕事は終了です。

Webライターになるメリット

喜ぶ男性

Webライターにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではWEBライターになるメリットについて詳しく解説していきます。

働く場所・時間に制限が自由

ライティングは納期にさえ間に合えば、スマホ・PCひとつで仕事できるため場所・時間ににとらわれずに仕事をすることができます。

未経験でも始められる

ライティングであれば一定のスキルを誰でも持ち合わせているため、ホームページ製作や投資などに比べて未経験が参入しやすいといえます。

ライティング力がアップする

これはもちろんですが、Webライターとして仕事をこなすことで、自然とライティング力をアップさせることができます。

Webライターになるデメリット

きつい

一方でWebライターには次の2つのようなデメリットもあります。

納期が厳しい場合がある

クライアントによっては急いでおり、納期が厳しく設定されている場合があります

事前に自分のスキルで余裕を持って納品できる案件なのかチェックしてから臨むようにしましょう。

仕事とプライベートの区別がつかなくなる

Webライターは時間に縛られずに仕事をこなすことはできますが、縛られないことでいつでも仕事をできてしまうため、仕事とプライベートの区別がつかなくなることがあります

Webライターとして稼ぐコツ

犬PC仕事

ここではWebライターとして稼いでいくためのコツを5つ解説していきます。

ライティング力を身につける

Webライターとして仕事を取れるだけのライティング力を身につけましょう

SEOを理解する

SEOの知識はWebサイトが検索上位に表示されるためには必須の知識のため、Webライターに求められる1番の知識・スキルになります。

自己ブランディングをする

自分のライティングスキルや信頼度、価値をうまくクライアントに伝えるため、クライアントに対して自分を売り出す練習をしておきましょう。

ポートフォリオを作る

仕事を取るための実績とするためにポートフォリオを作成します

ここでは自分のブログも十分なポートフォリオになります。

慣れたら直接仕事を受注する

ライティングやブランディングに慣れてきたら直接仕事を受注しましょう。

Webライターにおすすめなクラウドソーシングサイト

サイト

ここではWebライターにおすすめのスキル売買サイトを4つ紹介します。

Webライターを目指すのであれば、すべて無料で登録できるので、是非登録しておきましょう

クラウドワークス

クラウドワークスのロゴマーク

出典:https://crowdworks.jp/

クラウドワークスはクライアントと仕事人を繋ぐオンラインマッチングサイトになります。

比較的報酬額の高いライティング案件が多く、1記事で多くのお金を稼ぎたい方におすすめのサイトです。

クラウドワークス公式サイト

ココナラ

ココナラのロゴマーク

出典:https://coconala.com/

ココナラもクラウドワークスと同じで、クライアントと仕事人を繋ぐオンラインマッチングサイトで、仕事人側がサービスを出品できるという機能があります。

そんためライターは自分で報酬額を決定しクライアントに提案することができます。

自分で仕事の条件を決めたい方におすすめのサイトです。

ココナラ公式サイト

ランサーズ

ランサーズのロゴマーク

出典:https://www.lancers.co.jp/

ランサーズもクラウドワークスと同じで、クライアントと仕事人を繋ぐオンラインマッチングサイトです。

ランサーズ公式サイト

サグーワークス

サグーワークス

出典:https://works.sagooo.com/

サグーワークスは記事作成に特化したWebライターにおすすめのサイトになります。

ライティング案件を大量にこなしたい方におすすめのサイトです。

サグーワークス公式サイト

Webライターを始める方におすすめの本

本

ここではWebライターを始める方におすすめの本を3冊紹介します。是非書店で手に取ってみてください。

伝わるシンプル文章術

ライティングに関する本

伝わるシンプル文章術ではライティングの型について詳しく解説されています。

問題提起→結論→理由という10年前から売られている文章術のベストセラーです。

内容はシンプルに書かれているのでライティング未経験の方でも簡単に理解することができます。

沈黙のWebライティング

ライティングに関する本

この本ではSEOなど、Webライティングに特化した知識が詳しく解説されています。

謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

ライティングと並行してSEOについても学びたい方におすすめの1冊です。

いますぐ書け、の文章法

ライティングに関する本

この本では、文章をうまく書く書くためのコツが丁寧に解説されています。

文章はほめられたいから書くのか?人気コラムを連載し続けてきた著者が、プロとアマの文章の違いを語り、書けずにいる人の背中を強く押す、実践的文章法が書かれています。

読者を想定してライティングするためのノウハウを詳しく解説しているおすすめの本です。

Webライターの始め方まとめ

pc

いかがだったでしょうか?

この記事では、Webライターの始め方やコツ、メリット・デメリットなどを紹介してきました。

Webライターに向いている、Webライターになりたいという方は是非自分のブログを作るところから始めてみましょう